音質はかなりイイ!「FUSION IP-Phone SMART」ベータ版サービスが快適です。

Sponsored Link

FusionSmart
基本料無料のスマートフォン向けIP電話「FUSION IP-Phone SMART」のベータ版サービスに参加していますで書いたのですが、(当然ですが)「FUSION IP-Phone SMART」仮登録のメールは申し込み後すぐに届き、それに書かれた本登録用URLから本登録を完了しました。

そして画面に表示された情報を基にiPhoneアプリの設定をしたらすぐに使えるようになりました。素晴らしい。

しかしその後、本登録の契約(の確認?)的なメールが来ないので「β版サービスだから?」と思いつつ放置していたのですが、3日ほどして郵送で「FUSION IP-Phone SMARTサービス開始のご案内」という郵送物が届きました。

郵送で届けられるものなのですね・・・うーむ。

しかし、音質はかなりイイ!感じです。

Sponsored Link

FUSION IP-Phone SMARTの音質はとてもよい

主にSoftbankのガラケー/スマホと加入電話にかけているのですが、常に音質はクリア、つながりにくいこともありません。

スカイプ同士の通話と比べても1ランク上の品質です。
もう何年も加入電話を使っていないので記憶も曖昧ですが、加入電話よりもいい気がします。

ただし、自宅のWi-fiからかけてばかりなので、3G回線でかけた時にどうなるかはまだ確認していません。

また、Softbankのスマートホン(機種名は失念)にかけた相手によると「自分の話した声がエコーの様に返ってくる。困るほどの大きな音ではないけれど。でも、音質は良い。」とのことでした。

今のところはそれ以外に不具合(不具合というほどのものでもないですね)には遭遇していません。

IP電話は相性的な不具合も時々あるので、環境によって幾らかの品質のブレは仕方ないと思いますが、FUSION IP-Phone SMARTサービスはそれも今のところは軽微なイメージです。

後は利用者が増えた時の回線負荷が品質にどのように影響するのかが気になりますが、そういうテストをするのがこのベータ版サービスですね。

「FUSION IP-Phone SMARTサービス開始のご案内」は郵送で届く

さて、その利用手続きの完了として届いた郵送物ですが、中に入っていたものは「FUSION IP-Phone SMARTサービス開始のご案内」の紙が1枚だけ。

お申し込みいただきましたFUSION IP-Phone SMARTサービスの登録手続きが完了いたしましたのでお知らせいたします。

とのこと。

そして、お客様コード、お申込内容(IP加入電話番号、SIPアカウント、SIPアカウントパスワード、サービス開始日、SIPドメイン)、料金請求の注意書き的なことなどが書かれていました。

メールでこのような情報を送るのはセキュリティ的に問題があってダメなのかな?
でも、画面にはこれらの情報が表示されて、僕はそれを見てiPhoneのアプリの設定をしています。すでにインターネットに情報は流れているので、そういう意味合いとは考えにくいですね。

そもそも、この書類にアカウントやパスワードが(当たり前ですが)平文で書いてあるので、この方が余計に危険な気もするのですが・・・。

アカウント/パスワードなど登録内容を覚えておく必要があるものはいつもEvernoteでWEBクリップしているし、登録完了メール等も保存するのでこういう情報をなくすことはまずないけれど、書類が届くまでは「ちゃんと登録されてるのかな?」と少々気になりました。

WEBの申込画面には郵送で書類を送るって書いてあったのかな?まったく気が付かなかったけど。ちなみに発送日はWEBで手続きをした翌日でした。

書類で送られても、スキャンしてEvernoteに保存してしまうので、これについてはなんだかなぁと思います。

FUSION IP-Phone SMARTに期待

自分は通話頻度が低いので、基本料金のない料金体系のサービスが好きです。
IP電話でも基本料金のないサービスはあまりないのでFUSION IP-Phone SMARTには頑張って欲しいです。

以前に書いたVivafonが音質的にかなり厳しかったことを思うと、IP-Phone SMARTは基本的なスペックが高そうに感じ、期待しています。

あと、楽天グループなので、通話料金に楽天ポイントは付かないのかな?と本サービスが始まるまでには確認してみたいですね。

●関連リンク

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload