シャンプーの容器は置かずに吊るす!「詰め替えそのまま」でバスルームのポンプを一掃

Sponsored Link

詰め替えそのまま
バスルームにあるシャンプーやボディソープなどのポンプ。
ワンプッシュで使いやすいし、詰め替えて使えば経済的。

でも、底に残った液をなかなか出せなかったり、詰替えの袋を買ってきてもその詰め替えもかなり面倒・・・。バスルームの棚周りがごちゃごちゃするのもイライラするし・・・。

なんて思ってたら、詰め替えそのままなる詰め替え用の袋にそのままポンプを取り付けて、その袋を逆さまに吊るすというグッズを発見!。
さっそく買って使ってみたらなかなかイイ感じなのでレポートを。

Sponsored Link

準備編

買ったのはこれ「詰め替えそのまま MINI グリーン MS-2」。
詰め替えそのまま

パックから出してみると2つのパーツが。
詰め替えそのまま

こちらはポンプ。クリオネっぽい形だけどポンプ。
丸い部分を指先でつまむ。
詰め替えそのまま

この中心から伸びているパイプを詰め替え用の袋に差し込んで、左右のレバーを使って固定。
詰め替えそのまま

こちらは袋を吊るすためのフック。
詰め替えそのまま

楕円のレバーを引いて奥の隙間にポンプの対角の部分を差しこんだら、レバーを押し込んで固定。
詰め替えそのまま

レバーの動きがスムースじゃないのが気になったけど、しっかり固定するために必要なのかも。

使ってみる編

自宅のバスルームには浴室乾燥用のパイプがあるので、ここに下げてみたらちょうどいい感じに。
詰め替えそのまま

フックを取り付ける向きはこれがちょうどポンプの口が真下を向くのでいいみたい。

ポンプを指でつまんでプッシュすると中身が出てくるけれど、これはポンプで圧力をかけるのではなくて、重力で落ちてくるみたい。
詰め替えそのまま

こんな感じに中身が出てくる。

なんだか気持ちイイ!

たくさん使っても便利

いい感じに使えることが分かったので、シャンプーに加えてボディーソープもセットして並べてもスッキリと収まる。
詰め替えそのまま

これが据置型のポンプだと場所も取るし邪魔になるけれど、これなら大丈夫。
リンスやコンディショナーもあるしとか、家族が多いなんて場合にもオススメかも。

詰め替えそのままを使ってみて

使い心地は中身の性質に左右される。粘度の低い液体は少しプッシュしただけで自然に下に流れるので気持ちいい。
一方、粘度が高くドロリとしていると、強くプッシュして広く隙間を開けないと出が悪く、場合によっては何度もプッシュしたり。

出口には残ったシャンプーなどが固まて垂れ下がったりすることがあるので、時々は出口をシャワーで流してあげると清潔感アップ。

フックやポンプを取り付ける手間はあるけど、据え置きのポンプに詰め替えるのよりはカンタン!

とにかくバスルーム内の棚がスッキリして気持ちイイ!

今日の「使える!」

今回購入したのは2つ分のパックだけど、シャワーフックに取り付けるためのアームまで付いた7個パックの商品もある。

「詰め替えそのまま」は様々なパッケージがあるので、「詰め替えそのまま」のパッケージ一覧から自分にあったものを探そう。
「詰め替えそのまま」パッケージ一覧

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload