Dropboxアンバサダーキックオフイベントで気がつく新機能と上位プランの魅力

Sponsored Link

Dropboxアンバサダーキックオフ

Dropboxアンバサダーのキックオフミーティングに参加したので、そのイベントレポートを。

Dropboxはいつも使っているし、実はこのブログのバックアップファイルの格納先はDropboxだったりします。その他のクラウド・ストレージ(オンライン・ストレージ)関連の記事も多く書いているし、この分野は興味があります。

今回はビジネスでの利用にフォーカスしてのイベントということで、実はビジネスでも使おうかと思っていたところなのでいいタイミングでした。

無料アカウントで使っている人がほとんどだと思うけど、(当たり前だけど)上位のカウントにこそその魅力や機能があるということを再認識しました。

※アンバサダーとはなんぞや?については末尾に説明をつけておきます
#DropboxAmbassador #Dropboxアンバサダー

Sponsored Link

Dropbox社の意気込み

Dropboxアンバサダーキックオフ

今回はアンバサダーの「キックオフミーティング」でもあり、ドロップボックス社から「みなさまと実現したいこと」として

  • ユーザー同士の出会いの場
  • 共に想像できる場
  • 最新情報収集の場

が掲げられていました。

自分もそういう場になればいいなと思います。
Dropbox社は今年で10年目。この分野のリーダー的存在で、ユーザーとの交流はよくやっている・・・というイメージでしたが、実はそうでもなく、このアンバサダー企画が初めてとのことでしたが、強い意気込みを感じました。

細かすぎて伝わらないDropbox新機能5選

Dropboxアンバサダーキックオフ
このセッションの情報が自分にとっては1番興味深かったので、ここを中心に書きます。

その5選の新機能はこんな感じ。

1.大容量ファイルの扱いの改善等
・削除した大容量ファイルが復元可能に
・変更履歴を残さずに「いきなり完全削除」が可能に(削除したつもりが履歴から復元できるというトラブルを避けやすくなる)

さらに「少し見やすくなった」とのことだけど、操作体系はむしろ分かりにくくなったような・・・。そのうち慣れるはずけれど。

2.Dropbox Bussinessのユーザーアカウント管理強化
・誤って削除したアカウントの復元が可能に(個人向け有料プランであるPro版のみ)

これまでも削除アカウントについてはファイル単位での復旧は削除後1週間に限っての特別対応でやっていたとのこと。メンバーの離脱・退職などでアカウント消したらファイルも消えた的なトラブルは時々耳にしていました。

3.iPhoneアプリにスキャン機能の追加
・名刺やホワイトボード、レシートなどをスキャンし(写真に撮り)、これを補正してからPDF/PNGに保存する機能を追加

「文字認識と検索はBussinessプランのみ(しかも英語のみ)」と言うことなので、日本語を扱う上ではあまりメリットがなさそう。
似たようなアプリは他に多くあるので、それと比べて性能はどうかというと、比べてないので分かりません。現状のままであれば、他のアプリとの連携の方が性能面ではいいような気が・・・。今後に期待ですね。

4.ファイル共有機能の強化
・共有相手を明示的に指定することが可能に

明示的に共有先を指定できるのはDropboxユーザーのみだけど、これなら不用意な情報の拡散トラブルを減らせそうな、重要な機能。
でも、ファイル共有全般の操作のレスポンスが非常に悪いのはなぜだろう・・・(自分の環境だけかもしれないけれど)。

5.ファイルへのコメントとタスク管理機能の追加
・ファイルにはもちろんのこと、ファイルの特定箇所にコメントを付けられる

驚愕の機能。ビジネスユースではこれはとても重要な機能と思います。
ファイルに対してのコメントは他のサービスでもあったような気がするけれど、通知をタスク管理にも使えたり、リアルタイム性があったり、なによりも画像の特定範囲へのコメントはすごいなぁ。



このような5つの機能改善が先週に行われたとのこと。
実は自分はこの日の前日にDropboxで共有リンクを作成していて、「前とインターフェイスが変わった・・・かな?」と戸惑っていました。

機能の追加や仕様の変更は積極的にユーザーに伝えるようにするべきと思います。別にプレスリリースを出すとか、メールを送るとかではなくて、簡単にでいいので。

最近ではiPhoneのアプリでも、アップデートするとその部分をハイライトして順に説明するチュートリアルを表示するのが増えています。
そこまでしなくても、画面に簡単にポップアップで「ここが変わったよ!」と表示を出すだけでいいから。

Dropboxの高機能化につれてインターフェイスは複雑化して直感的に操作できるインターフェイスから徐々に遠ざかっている気がするので、より「伝える」ことが必要と感じます。

後でDropbox社の方ともお話をした際にそのことを伝えると、(かなり省略すると)「そこまでの手間はかけられない」という意味の言葉を言われたことも併せて考えると、
「細かすぎて伝わらない」のではなくて、伝えようとしていないだけであって、そこは力を入れないといけないんじゃないの?と思いました
(「細かすぎて伝わらない」はキャッチーなタイトルとして入れただけかもしれないけど)。

Dropbox使いこなしユーザー事例のプレゼンやワークショップ

Dropboxアンバサダーキックオフ

続いて、いつもイベントや遊びでご一緒させてもらっているTOMAKIさんからの「ブログ執筆のためのエコシステム」なるプレゼンが。
そしてプレゼン用の端末はiPhone・・・!

「働き方をシンプルに」というDropboxのテーマに沿ってのことですが、ここまで使いこなす(設定&仕組みづくりをする)と作業はここまでシンプルになるよ!という内容に、会場からはどよめきが。

その内容は一見の価値があり。ぜひTOMAKIさんのブログでご確認を。

Dropboxの活用術についてプレゼンしてくるよ : 日曜アーティストの工房
Dropboxアンバサダーキックオフ

その後には数人毎のグループに分かれてのワークショップとなり、参加者同士やDropbox社の方と裏話的な話題で盛り上がったり。

個人的にはローカルのストレージを消費したくないので同期を切っている、と言う話をしたら、「えー?」と言う顔をされたのが印象的でした(選択的に同期を切れることは多くのユーアーには知られていないっぽい)。
容量の少ないノートパソコンで個人作業をするのがほとんどの自分にとっては、シンプルなオンラインストレージとして使うことが最優先なのです。

ところで、上位プランのチーム向け(Bussiness/Enterprize)アカウントでないと使えない機能がいろいろあることを再認識しました。Bussiness/Enterprizeこそが本当のDropboxと言えるのかも。

今日の「期待していること」

自分にとってのDropboxの長所は機能や性能、その使いやすさです。
もう少し踏み込むと、Dropboxと連携しているサービスが多いことであったりもします。

ワークショップでは「Dropboxにデータをアップロードすると自動的に××してくれる」系のネタがいくつか挙げられていました。
これはぜひやってほしいなぁ。Dropboxを使う人も増えるんじゃないかな。

そして、そのような機能向上などの際には、簡単にでいいので伝えてほしいなと。
どんな優れた機能でも、その存在が知られていないと誰も使わないし、使えないから。

アンバサダーとしては、そんな機能・使い方を生むためのサポートや、それらを広め、伝えてていくためのサポートをやりたいなーと思います。

Dropboxのアカウント開設はこちらから
このリンクからアカウントを作るとなんと!Dropboxの容量が500MB増量されます!
Dropboxサインアップ

オマケ
アイスブレイクとしてDropboxクイズコーナーがあり、全問正解した自分はなんと!DropboxのTシャツを頂きました ww
Dropboxアンバサダーキックオフ

※アンバサダーとは?の解説↓
アンバサダーとは|アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)

#DropboxAmbassador #Dropboxアンバサダー

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload