絶対的安さは正義!FUSION IP-Phone SMART「SMARTalk」ブロガーイベントはワークショップが楽しかった! #SMARTalk

Sponsored Link

IP-smart
久しぶりにAMNさんのブロガーイベントに参加してきました。
今回は『IP電話革命を起こせ!「SMARTalk」ブロガーイベント』として、kira-ismでも都度書いてきたFUSION IP-Phone SMARTさんのイベント。

6月にリリースされた専用のスマートホンアプリ「SMARTalk」(参考:フュージョン「IP-Phone SMART」が純正iOSアプリをリリース!そしてついにβサービス期間を終えて本サービスに! | kira-ism)を話題の中心に進められました。

Sponsored Link

前半は事業の説明から

SmarTalk
そう言えば・・・という懐かしい話も含め、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社 | Fusion Communicationsの歴史を説明されました。

元々はマイラインの会社であり、それが2007年に楽天グループに入り、その事業であったGOLは楽天ブロードバンドに変わった、そして2011年には丸紅も資本も入った・・・というのが資本的な流れ。

続いてサービスの説明

無料メニューの多さに注目

以前から自分がFUSION IP-Phone SMARTを使っている理由の最大の理由はもちろん安いから。このイベントでもそれがもっとも強調されていました。

単に「安くていいね」以上に凄いレベルなんですよね。
それは

  • 「初期費用・月額費用無料」(他のSIPプロバイダでは見当たらない)
  • 留守番電話無料
  • 着信転送無料(通話料は有料)
  • IP-Phone SMART同士の通話は無料

と無料のメニューの多いこと。

回線ごとにユニバーサルサービス料がかかることを考えると、この無料メニューの多さは凄いと思います。

そして、自分はこの料金体系だから気軽に契約・利用ができると思い、契約して今に至るわけです。
頻繁に使っていますよ!

LTE化は意外にも通話料が高くなる

全キャリアとも料金体系的に、LTE対応スマートホン向けの料金プランは、ガラケー向けの料金プランに比べ、通話料金が高くなってしまっています。
一方でLTE上での通信でIP電話の品質は上がっており、IPの電話の出番が増えると言えます。

SMARTalkの特徴

SIPアプリとして定評のあるAcrobits Softphone – SIP phone for VoIP calls – Acrobitsをベースに開発したそうです。でもアクロビッツは600円のアプリなのでよく提携できたなぁという気もします。

SmarTalkの特長の中でもPUSH通知で着信可能なので、受信のためにアプリを立ち上げておく必要がないことが最大のメリットだと思っています。

携帯総合研究所 xenoさんの携帯電話TIPS

今回のゲストスピーカーの携帯総合研究所のxenoさんからは携帯電話の料金節約TIPSをご自身の料金支払いを交えながら紹介していただきました。

「こうしたらもっとよくなるのに」ワークショップ

最後に4つのテーブルごとに「SMARTalk」はこうしたらもっとよくなるのでは?とワークショップを行いました。
各テーブルごとに様々なアイディアが出されました。

自分もテーブルも活発にディスカッションし、こんな感じにまとまりました。
モデレータ?をやっていただいたのは社員の奥村さん、イラストもカワイイ!
SmarTalk

自分の意見としては

  • SMARTalk同士ではテキストメッセージングが(しかも無料で)できるとよい
  • PBXなど接続性の悪い相手に架けた際には「つながらないよ」と警告を出してほしい

といったところ。

「友達紹介でインセンティブがほしい」という意見もあり、これはとても賛成です。

また、気がついていなかったのですが、着信保留の機能がないのですね。
これは付けてほしい機能とみなが声を揃えていました。

最後に

単に説明と質疑で終わるのではなく、参加者と何かを(新しい施策・機能)を見つけていこうとするワークショップのイベントは楽しいものでした。

特に、これまでもユーザの意見を積極的に取り入れているFUSION IP-Phone SMARTなので、このイベントのせいかも近いうちに形になって現れると期待しています。

FUSION IP-Phone SMART「SMARTalk」のダウンロードはこちらから!

関連エントリ



Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload