FUSION IP-Phone SMART βサービスが国際電話サービスを8円/30秒で開始

Sponsored Link

フュージョンロゴ先ほど、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社から「【IP-Phone SMART】新機能のお知らせ」というメールが届きました。

内容は、ついにFUSION IP-Phone SMART βサービスのサービスメニューに国際電話も加わるというもの。

格安通話プロバイダとしては国際電話もメニューにないと始まらないと思うのですが、そこはまだβサービス、ようやく準備が整ったというところでしょうか。

首を長くして待っていた人も多いはず。

その特徴や使い方などを纏めます。

Sponsored Link

使い方

使い方自体は普通ですが、前もって設定が必要です。
と言っても、Webのマイページから「国際電話設定」を初期設定の「無効」から「有効」にするだけ。

mod_2013-01-23_15h41_51

こういうのは他の携帯電話キャリアで契約後のも初めての国際電話の時に似たようなことをやりますね。
これがオンラインで出来るのはいいことですね。

ダイヤル方法は010+国番号+相手先電話番号です。

特長・注意点

要点は以下の通り。

  • 世界32カ国・地域に国際電話が可能
  • 追加のご契約および月額料金は不要
  • 通話料はいずれの国に対しても、一律8円/30秒

通話できる32カ国の詳細と、その中にある通話できない地域は刻々変わるので国際電話サービス提供国・地域で確認しましょう。

32カ国と言っても、大抵のの国際電話の通話先はこの中に含まれると思います。

最近のFUSION IP-Phone SMART βサービスの使い勝手

過去のエントリで書いたように、自分はFUSION IP-Phone SMARTβサービスをSIPフォンのZoiperで使っています。

非常に快適に使えていたのですが、この数日だけはちょっと調子が悪く、音が途切れたり、電話がかからなかったりということが何度かありました。

国際電話サービス開始前の工事的な影響や、IP電話ですので相手の回線との相性などいろいろ要素は考えられます。

ただし、通話品質等サービスイン当時からどんどん改善が進んでいるので、全く心配はしていません。

期待してますよ!

関連リンク



Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload