資源エネルギー庁、WEBサイト運営に3年間で10億円!

Sponsored Link

これはもうあきれ果てるしかない記事がスポニチから。

資源エネルギー庁が原子力発電のホームページ(HP)運営に2003―05年度の3年間の予算に計約10億円を計上するなど、無駄な支出をしていることが8日、明らかになった。

続きを読む

来年のFIFAワールドカップは全チケットにRFID導入

僕が大好きなサッカーと10年位前の仕事の両方に関わるニュースがITmediaから。

来年のFIFAワールドカップのチケットにRFIDチップが導入される。セキュリティと入場迅速化の両方に役立つという。(IDG)

あぁ、そもそもはIDGからのリリースか。僕が仕事でRFIDに関わっていた頃には「非接触型ICタグ」なんて呼ばれ方をされていた。そのアプリケーションは、家畜の固体認識とか、製造・流通業でバーコードにとって変わるもの、なんてことが考えられていたが、実用化はまだまだ先の話だったな。

続きを読む

ポリティカルコンパス

真面目なのか不真面目なのかよく分からないWEBサービス「ポリティカルコンパス」を発見。

ポリティカルコンパスは、各人の政治的および経済的立ち位置を調べるページです。本家はPolitical Compassにあり、多くの日本人の関心を集めました。日本語訳は霞ヶ関官僚日記を参照してください。

とのこと。あまり堅く考えずに、自分の政治的志向を簡単に指標化してみよう!という風にとらえてみました。
ともかく、やってみた。その結果は以下のとおり。

続きを読む

ソフトバンクBBへの「/8」の割り振りは妥当・・・なんだそうだ

IPアドレスの大量割り当てに関するニュースがITproから。

アジア太平洋地域のIPアドレスを管理するAPNIC(asia pacific network information centre)は2005年2月8日付で,国内でYahoo!BBを運営するソフトバンクBBに「126.0.0.0/8 (126.0.0.0~126.255.255.255)」という巨大なアドレス空間を割り振った。このサイズのアドレス空間は,旧来の呼び方ではクラスAに当たり,IPアドレス数に換算すると,約1678万個分である。

数年前にグローバルIPアドレスの不足が問題化していたが、最近あまり話題にならないなぁ・・・何でかなぁ・・・IPv6が順調に普及してるとも聞かないしなぁ・・・と思っていたところに、このニュース。

アドレス変換技術やCIDR割り当ての普及で,IPアドレス消費の増加ペースは以前より落ちているのです。最新の需要予測ではIPアドレスが完全に枯渇するのは2022年と言われています。

続きを読む

新しいデジカメが欲しいっ

僕が持っているデジカメは、東芝のAllegretto M40。確か2000年の正月にオンラインショップの店舗(事務所)に行って買ったもの。なぜ、オンラインショップなのに店舗に行ったのか?当時の勤め先のそばにその店舗があったために、送料を浮かそうと、通勤定期を使ってわざわざ買いに行ったんだ。2000年の製品なので、すでにメーカーのWEBサイトでも「過去の製品」カテゴリに入れられている。
このM40には画質には満足しているけど、サイズも大きく、重いし、電池も持たない、手にも馴染まない、起動が遅い・・・などなど不満がたくさんある。とにかく、ポケットに入る小さいのが欲しい、とずっと思っていた。

続きを読む

南セントレア市、合併そのものが白紙に!

今、テレビで報じられてる。
住民投票で、南セントレア市の名前以前に、
合併そのものが白紙になったそうだ。
落ち着くべきところに落ち着いたという感じだ。

30分ほど前にこの記事がリリースされている。

住民投票では2町とも合併反対が上回り、合併は白紙に戻った。アンケート集計は同夜遅くまで行われたが、前提となる合併がなくなったため、新市名も不要となってしまった。住民投票の投票率は、美浜町が72.79%、南知多町が68.87%だった。

さぁ、これからあちらこちらのサイトでこれについて語られるだろう。
楽しみだ。

クレジットカードを換えてみた

2月上旬にクレジットカードを新たに申し込み、今日(2/26)にカードが届いた。
そのカードは「東京三菱-VISA ゴールド プレミアム」。クレジットカードとキャッシュカードが一体で、ICチップ内蔵、最近話題の生体認証のゴールドカードだ。現在は3/18まで一時受付を中止している。「商品・サービスのレベルアップを行うため」というのがその理由だが、どんなレベルアップをしてくれるんだろうか。楽しみだが、どうなるのか説明がないんでどうにも・・・。

続きを読む

この忙しさは・・・・このままでいいのだろうか

kiraの勤めている会社は、所謂ドットコムベンチャーだ。
このところ仕事のタスクが異常に多くなっている。事業部として、売上は最高記録を更新しており、それに応じて案件数=仕事量も増えている訳だ。しかし、仕事の効率が上がったのではなく、単純に仕事が増えているだけなので、むしろ効率は落ちている感じがする。今日(2/23)は事業部のほとんどの人間が大残業をしていた。
うちの会社は年棒制なんで、人件費のコスト意識が非常に甘い。残業パワーで業績を伸ばしても虚しいだけだ。どうやら制度(法律?)上は、年俸制であっても、一定の基準を超えたら会社は残業代を払わなければいけないらしく、上場を目標にしている会社側は、その辺をクリアしなければならず、対応に苦慮しているようだ。

うちの会社は(詳しくは説明できないが)サーバ商売なんで、サーバ(システム)が弱ければ。即負けになる。しかし、最近の仕事量の多さにサーバが追いつかなくなってきている。これは昨年夏ごろから顕著になり、今月に入って非常にやばいレベルになっている。システムの過負荷が業務にも悪影響を及ぼしている。売上が伸びてるうちにシステムに投資をしてほしいのだが、上層部の反応は鈍い。非常に歯がゆい・・・。

会社勤めをしていれば、誰もが持つ不満なのかもしれないが、なんとも気分の悪いことだ。気分の悪さはともかく、こんな舵取りでこの会社は大丈夫なのかと、不安になる日々が続いている。