「Touch Diamondで考えるスマートフォンの未来」第2回ミーティングに参加しました

Sponsored Link

「Touch Diamondで考えるスマートフォンの未来」の第2回ミーティングに参加しました。

■日時:2008年12月11日
■協賛:マイクロソフト株式会社
■協力:HTC Nippon 株式会社
■運営:アジャイルメディア・ネットワーク株式会社(AMN)

今回は、前回のミーティング後に、実機をモニターした方からのレビューを基に、本題である「Touch Diamondで考えるスマートフォンの未来」について語り合いました。

Sponsored Link

自分はモニターにはなれなかったものの、店頭で触ったり、会場に置かれた実機などを触り、充分ではないが自分なりの意見を持っており、「同じ端末」に対して他の出席者がどう感じたのか非常に興味があった。

まずはモニターに参加したアルファブロガーからのレビューで、ミーティングはスタートした。以下に、自分のアンテナに引っかかったポイントだけ列挙する。

[1]コグレマサトさん
指での操作がし難く、サードパーティのソフトウェア(Spb Mobile Shell)でインターフェイスを変えた。
Wi-Fiルータとしての機能が優れている。eMonsterからの乗り換えも考えられる。
・動画再生機能が優れている。
・「小さい」ことでの良さ・悪さがあるが、ソフトウェアで対応できる部分も多い

[2]いしたにまさきさん
・TouchFloは好きだ。
スタイラスがマグネット式で落下し難く優れている
・カメラは音が大きい意外は優れている。特に接写に優れている。(iPhoneやデジイチと詳細に比較してレポートしていただいた)
・ビューワーも優れている。

[3]Hinaさん
・パソコンとして扱える性能だ(特にWilcomD3と比較しての感想)。
・手帳としての機能が優れている。outlookと同期させ、アラーム機能を使い、待ち受けに予定表を表示させると、とても便利。
・感圧式のタッチパネルが硬く、力が必要なのはよろしくない。
・スタイラスがマグネット式で紛失もし難くかつしっかりしたもので素晴らしい。

[4]小林祐一郎さん
・メール、スケジュール管理、グーグル系サイトの使い勝手が良い。
・キーボードが使いやすい
モデム利用ができないのは(小林さん的に)通信端末としては考えられない
・(マーケティング的に耳の痛い示唆として)現状あるプロダクトよりも複雑なものが成功した例はほとんどないのだが・・・。

といったところがモニターをしていただいたアルファブロガーさんのレビューから、自分の思っていたのと同じことや、「ハッ」とさせられたことを抜き出したもの。
そして、赤字は特に自分にとってポイントになったもの。

その他のモニターさんからは、バグレポートの他、windows mobileの(windowsOS特有の、と言ってもいい)不安定さ、など短所が多く指摘された。
ただし、すでに優れている点はアルファブロガーさん達に挙げられていたためので、それは仕方がないかなと・・・。

ということで、今回は参加者の言葉の引用で自分の意見が充分に代用されてしまった・・・。

このレビューの後に簡単なグループワーク及びその発表があり、それをご覧になっていたHTCの田中さんからは

「サクサク感」のアップしたタッチパネル端末を来年にリリースする

マイクロソフトの越川さんからは

今日のミーティングの内容を反映させ、「スタイラス不要の大きなアイコン」など、windows mobileの改良をどんどん進めます

との宣言(?)でミーティングは終了!

田中さんと越川さんの真剣さ、前向きな姿勢にはいつもながら感服でした。

さて、いつも通りに非常に楽しく刺激的なブロガーズミーティングであったが、今回は不満に思った点がいくつかあったので、最後にそれを書いてみよう。

●タイムテーブルのルーズさ
といっても全体の話ではなく、アルファブロガーさんのレビューに限ってのことだが、やはり持ち時間が5分と決められていたら、それを意識したプレゼン及び進行をするべきではないか。時間を意識してきっちり終えたのはコグレさんだけであったと思う。

内容自体はどなたのプレゼンも非常にヨカッタ!ので、それならば最初から10分で設定するとかの対応をして欲しい。

●「アルファブロガーズミーティング」ではないはず
「コンシューマ市場の開拓」を考えているマイクロソフトさんにしてみれば、アルファな方の声だけでなく、もっとフツーな層の意見も聞きたかったはず。それこそ5分、いや数分でもいいので、モニター全員の声を聴きたかった。それが今回のブロガーズミーティングの目的であったと思う。
ミーティング終了後にビデオ取材などもしていたが、その情報は単に企業側に提供するものではなく、企業側とブロガーとが共有するべきものではないだろうか?

きっと、アルファブロガーさんのレビューの時間のいくらかを、普通ブロガーのレビューに振り分けたらよかったのかなーと。

実際のところ、一般層よりはかなり「濃い」人が集まっていたのは事実ですが w。

ということで、一長一短なTouch Diamondですが、HTCさんもマイクロソフトさんも非常に力を入れておられるし、コンシューマ市場への注力も更に推し進める(今のところあまり形になっていないみたいですが・・)ということで、今後への期待は非常に高いです!

touchdiamond

Sponsored Link

3件のコメント

  1. Macと愛猫2009年2月12日 3:03 PM返信


    [iPhone]iPhoneアプリ「田中さん」

    買っちまった。 115円。 このおかしさは是非ともiTunes App Storeで確認してほしい。 ↓注意!iTunesが立ち上がります http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=304302266&mt=8 まず、アイコンと絵が変。 次に、説明が変。 さらに、25.4MBと

    http://d.hatena.ne.jp/Lingurin/20090212/1234418558

  2. ジャンクワードの森2008年12月20日 12:03 PM返信


    Touch Diamond(スマートフォン)の市場はどこに?

    第1回目に続き2008年12月11日に開催された、第2回「T…

    http://blog.junkword.net/2008/12/touch-diamond-1.html

  3. 埋立地の記憶出張版2008年12月13日 8:59 AM返信


    [雑談][HTC][WM]HTCとMSの本気度を感じた「Touch Diamondと考えるスマートフォンの未来第2回」

    まず率直な感想を一言で述べるならば、「両社ともに本気だし、スマートフォンの未来は意外と明るい」そう感じたイベントだった。 Touch Proのモニターで3週間使わせてもらったし、他のモニターさん達がどういう使い方をしているかというのも非常に気になっていたので参加し

    http://d.hatena.ne.jp/satromi/20081213/1229126133

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload