EaseUS Todo Backup Freeが4.5にバージョンアップ Managementパネルが使いやすくなった

Sponsored Link

今日(もう0時を過ぎたので昨日ですか・・・)、久しぶりにパソコンのバックアップのためにEaseUS Todo Backup Freeを立ち上げました。

EASEUE TODO BACKUP Box念の為にアップデートの確認をしてみたら、ちょうど今日にバージョン4.5がリリースされたところでした(旧版は4.0.0.5)。

念のため旧版でバックアップをとってから、EaseUS Todo Backup Freeを最新版にアップデートして再度バックアップをしたところ、特に問題なく快適に動作しています。

Sponsored Link

●使い方や使用感などのレポートは以前のエントリをどうぞ↓
HDDをディスクイメージでバックアップできるEaseUS Todo Backup | kira-ism

今回のバージョンアップでの新機能は以下のとおり。

  • Backup tasks and plans can be interconverted
  • Exchange individual mailbox backup and restore
  • Full support of dynamic volume
  • Brand-new interface of backup management for business convenience
  • Directly specify one machine to manage backup plans in Central Management Console

機能の詳細はEaseUS Todo Backup feature list: new added & improved features, core features.をどうぞ。

旧版と比べて大きな変化はなく、使い方もほぼ変わりはありません。
大きく変わったのはManagementパネルだけでしょうか。とても見やすく、状態を把握しやすく、操作もしやすくなりました。
参考までにですが、右側のadvancedのボタンに大事な機能が集まっています。
EASEUSTODOBKUP4.5 management panel

フリー版では制限されている機能ですが、製品版では旧版(4.0.0.5)で削除されてしまったWindowsPEの組込みが最新版(4.5)から再開されています。
滅多に使うことはないと思いますが、いざという時のハードディスクからのデータをサルベージなど、使えると心強いものです。
しかし、WindowsPEのインストールはかなり面倒かつ難解なので(挫折経験ありです・・・)、これがバックアップソフトと一緒に使えるようになるのは魅力的です。

そもそもフリー版は業務ではライセンス的に使えないので当たり前ではありますが、製品版の魅力の一つですね。

●フリー版のダウンロードはこちらから↓
Free download EaseUS Todo Backup Freeware to complete backup & restore Windows system – EaseUS Todo Backup Free
★2016年3月12日追記:日本語サイトがオープンしていました!→完璧な無料データバックアップソフト – EaseUS Todo Backup Free

●製品版のダウンロードはこちらから↓

使い方や使用感などは関連エントリをどうぞ

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload