ホリえもん候補のあるべき姿

Sponsored Link

ホリえもんの衆議院選挙立候補にはかなり驚いた。オファーがあっても政治なんかやらない人だと思っていた。実際に、そんな発言も過去にはしていたようだ。

Sponsored Link

今日、テレビのニュースで彼の街頭演説の姿を見た。「郵政民営化」「改革する」といった言葉を発しているが、その真意はどこにあるのだろう。その言葉そのままのことを考えているとは思えない、というか、思いたくない。やはり、自分の利益のための立候補でないと、これまでのイメージが崩れてしまう。
「皆様のために」という言葉も発しているが、これはやめて欲しい。やはり、彼のスタイルは良くも悪くも「自分の利益のためには手段を選ばない」というところに行き着くと思う。その繰り返しで、ここまで世間に認知されるようになったのだから。そうなると、突然「皆様のために」なんて言葉は、これこそ「想定外」だ。

彼が選挙用の言葉・態度に染まってしまっては、彼の魅力はもう無くなってしまうのではないか。封建的・保守的な経済界・政界から毛嫌いされる態度を取りつづけて当選しないと(それも圧倒的な大差で)、もしも議員になったとしても、アンティークかつ窮屈な議会政治に影響力を持てないのではないか。
「ほら、俺のやり方についてくる国民はこれだけいるんだぜ」と彼が言えなくなってしまうのは、非常にもったいない。その上で、結局は自分の利益のための立候補であったとしても、それは投票した選挙民の責任だ。本当に国民の利益を考えて、まず政策ありきでの立候補ならばそれも素晴らしいが、彼らしい政策って一体・・・何だろう?

彼には自分の主義主張をストレートに出すことが大事で、その結果が当選でも落選でもそれはどうでもいいや、と僕は思う。口先で適当なことを言って当選しても、魅力は無いなぁ。落選したとしても、主義主張(自分の利益が最優先)を貫いていれば、それはそれで立派だと世間は認めるんじゃないかな。

ところで・・・・なぜ広島6区なのか?亀さんと戦える駒として自民党の後押しがあったから?縁もゆかりも無い選挙区で立候補ってのは、彼の人気だけで勝てると自民党は思ったのかな。それを受けちゃうホリえもんも、その時点でかなり男を下げた気がする。

今からでも遅くない。自分本来の主義主張で、自分勝手かつ刺激的な言動で政治の世界を変えてくれ。もしも落選したとしても、少なくとも選挙には改革をもたらせるかもしれないぞ>ホリえもん

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload