Opera、10周年記念のブラウザ無料配布

Sponsored Link

もう何年も読んでいるblog、Going My Wayで昨夜、ビッグ(だと思う)ニュースが。

8/30はOPERAが10周年の記念日だそうです。広告を表示することで無料で使えるわけですが、広告なしの場合購入すれば広告なしで使うことができます。しかし今日1日に限って広告なしOPERAの最新バージョン8.02が無料で手に入るようです。

これまで、ブラウザはネットスケープ一辺倒できた自分としては、初めてオペラを使うチャンスだった。ネットスケープ以外にブラウザには興味が無かったのだけれど、最新版のオペラのレジストキー(ご存知ない方のために補足。オペラは無料で配布されているブラウザだが、画面の一部に広告が表示される。つまり広告収入を得ている。シェアウェアのようにレジストキーを購入すると、広告を消せる。)も無料で手に入れられるとのことで、速攻でダウンロードした。

Sponsored Link

レジストキーはオペラのサーバにメールを送ると、レジストキーを記載したメールが返信されてくるとのことだったが、相当に遅れてメールが届いた。その辺に対応してか、結局オペラのWEBからレジストキーをダウンロードできるようになっていた(これもGoing My Way情報で知った。)。

そんなことがあった翌日の今日、先ほど届いたINTERNET Watchにこれについての記事が書かれていた。しかしINTERNET Watchよりも早くこんな情報を掴むGoing My Wayのkengoさんって一体何者・・・。何年もGoing My Wayを読んでいるけど(途中2年位はあまり読んでなかった。今にして思えば惜しいことをした。)、今回の記事も参りました。

で、INTERNET Watchでは以下のように書かれていた。

Operaブラウザは、広告を表示する無料版と、広告を表示しない有料ライセンスが提供されている。同社のビジネスモデルの要でもあるライセンスキーを 24時間にわたって無料配布することは異例のことだ。しかし1週間ほど前から、同社CEOの発言をきっかけに、Operaがビジネスモデルを大幅に変更するのではないかとの観測が取りざたされていた。10周年を記念する今回のパーティーは、その意味で同社の大きな転換点となる可能性がある。

携帯機器用途のブラウザとして以外にはちょっと影の薄くなってきたオペラ。勿論決して性能が悪い訳ではないらしい(自分でまだほとんど使ってないんで、評価できません)。その戦略が変わるとするならば、今後の動向には要チェックだ。FireFox(順調に広まっている)とかネットスケープ(自分は好きなんだけど、世間的には・・・)と併せて、対InternetExplore戦略がとても気になる。

さて、今夜はオペラをいじり倒してみるかな・・・・・。

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload