新公衆無線LANサービス「Wi2 300」を契約した

Sponsored Link

以前から横浜市内や丸の内でサービスを開始していた公衆無線LANサービスのWi2 300が、いつの間にか「Wi2 300スタートキャンペーン」なるものを開始していた。

Wi2 300のサービス自体は以前から知っていたものの、7月一杯までのキャンペーンをやっているということで、改めてサービス内容や価格体系、キャンペーン内容を勘案したところ、充分にメリットがあると判断して契約をしたので、それをここでメモ的に纏めてみる。

Wi2 300スタートキャンペーンバナー

Sponsored Link

Wi2 300は以前から横浜市内全体での公衆無線LANネットワークを提供したり、丸の内全体のポータル的なサービスをしていることまでは知っていた。街中でインターネットを使えるのは魅力的と感じた。

しかし、いずれも自分の行動エリアではないので、興味を持てなかった。

今回、キャンペーンをきっかけにサービス内容を見ると、サービスエリアがWi2 300は勿論、BBモバイルポイント、Livedoorワイヤレスのネットワークをローミングで使えるようになっていた(以前からだったのだろうか・・・?)。

また、丸の内周辺に行く機会も増えたので、いずれ使うこともあるのかもしれない。

規格として挙げておくべきは、IEEE802.11nに対応していることか(自分のマシンはIEEE80.11b/g/までしか対応していないのだけれど、まぁそのうちには・・・)。

それと、暗号化の規格もWPA/WPA2(802.11i)に対応しているのも魅力的だ。

また、実際に経済性を考えると、料金的にもメリットを感じた。

Wi2 300の利用料金

基本料金105円/月(税込)、上限980円/月(税込)

なのだが、このキャンペーン期間中に申し込むと

月額基本料:0円
従量料金:1パケット0.0015円
月額最大料金:490円(税込)

0円からはじまり月額上限490円(税込)。使わない月は0円、どんなに使っても490円(税込)しかかかりませんので、大変リーズナブルです。キャンペーン期間中にお申し込みいただいたお客様は、キャンペーン終了後もずっとキャンペーン価格でご利用いただけます。

ということだ。

自分が普段使っている公衆無線LANは月額380円使い放題のWIRELESS GATE

これも、BBモバイルポイント、Livedoorワイヤレスのネットワーク、そしていくつかの小さなネットワークでのローミングが使い放題だ。

こうなると、「Wi2 300を契約するメリットは?」と思うかもしれない。

自分の想定する使い方はこうだ。

・普段はWIRELESS GATEの使い放題で使う
   この際、Wi2 300は基本料金無料なので負担なし
・WIRELESS GATEが使えず、かつWi2 300だけが使えるエリアではWi2 300を使う
   この際、キャンペーン価格適用で永久に最大490円/月(正規料金は最大980円/月)

ということで、普段の料金負担はなく、いざという時にリーズナブルな+α価格でネットワークが使えるのは、メリットと判断した。

このキャンペーンは2009年7月31日申し込み分までだ。

WiMAXなど高速な通信規格がリリースされ始めてはいるが、それまでの繋ぎと考えても、これは価値があると思う。

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload