検索語「twitter」で1位になったけど・・・?

Sponsored Link

2日前の7/17にブログのアクセスのリファラを見たところ、NAVERのURLを見つけた。

「まさかNAVERのトップで取り上げられたか?」などと思いながらリファラを確認したら、なんとそれはNAVER検索で「twitter」で検索した画面だった。

そして、なんとこのブログのエントリ革新的twitterクライアント「iTwitter」のreview & tipsがトップに着ていた!

NAVERブログ検索

一瞬「すごい!」と思ったけど、
でも「ちょっと違うんだよな・・・、なんだかな・・・」というお話。

Sponsored Link

しかし、流行の検索語「twitter」で1位になっても、ここからのアクセス数が数えるほどしかない。

「不思議だな?」と思ってよく見てみれば、これはNAVERの総合検索ではなくて、NAVERブログ検索だった。

以前に「最近はブログ検索使う人はほとんどいないね」と聞いたことがあるのだけれど、どうやらそれ本当なんだろうなーという印象。
確かに、普段からブログのアクセスを見ていても、普通の検索からのアクセスは多いけれど、ブログ検索からのアクセスは極少。

そして、NAVER JAPANがつかんでいるユーザ自体がまだ極少ということも大きな要因であるらしい。

それよりも疑問に思うのは、NAVERブログ検索の順位決定アルゴリズムだ。

自分のエントリもその他のエントリも、もちろんtwitter関連の出来事に関連しているけれど、twitterそのものについて語ったものはない。

そして、「鮮度」が重要なブログ検索なのに、その後の順位の変動がない・・・。
参考までに、これが先程撮ったキャプチャ

これって、ブログ検索の価値がないような気がするんだよね・・・。
改善されるのかな?

因みに、これがリファラになったNAVERブログ検索のクエリ。

時々チェックしてみようかな。

そして、最後にこぼれ話。

前掲の2つのキャプチャで3位に位置しているのはお友達のめ~んずスタジオさんのエントリ。

しかし、め~んずスタジオ - 【Twitterダイエット企画】第7週経過が「twitter」で検索した結果の3位って、どうなんだろう・・・(ちなみにこのダイエット企画には私も参加しています)。

ということで、検索順位1位になったからといって、別にいいことはありませんでした。

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload