「10度!20度!30度!」マック赤坂の政見放送で毎度感じる大事なこと

Sponsored Link

マック赤坂

来週は都知事選挙の投票日ですね。

都知事選挙といえば、いわゆる本命・有力候補者以外の候補者が毎回非常に個性的であることも話題になります。政見放送はそれがとても良く分かる機会でもあります。そして意外とおもしろい。

以前は「おもしろい」というだけで見ていたところもあるのですが、それだけでは収まらない人もいます。

それはマック赤坂氏。

政治的な主張や力量などはさておき(と言うか、どうでもよくて)、真実というか大切なことも説いているな・・・と何年か前に気が付きました。

このブログでは政治的なことは書かないのですが、「もはやこれは政治的な話じゃないし w」と思ったので書いてしまいます。

Sponsored Link

とりあえず、今年の都知事選挙での政見放送もアップされていたので、まだ見ていない方はどうぞ。

都知事選挙以外も含めて、過去の政見放送もYoutubeにアーカイブされているのでお暇な方は遡って見るのもいいでしょう。話している内容は大体同じですが w

マック赤坂氏が何をやっている人かといえば、この辺が主な肩書ですね。

  • 財団法人スマイルセラピー協会会長
  • スマイル党総裁

そもそもスマイルセラピーって何なの?ですが、この政見放送では

スマイルをメイクすることで、あなたの外見力をアップして、ココロの持ち方をマイナスからプラス、ネガティブからポジティブに切り替えること」

と説明していますね。

そして、「感謝のトレーニングをやってみよう」とスマイルセラピーのインストラクション的な実演。

(ここは賛否両論ありそうですが)「うつ病は抗うつ薬では治りません。スマイルはある意味では副作用のない抗うつ薬です。」などなどの(都政との直接的な関係は薄そうな)主張をされています。

今回に限らず、ほとんどの政見放送でいろいろなスマイルセラピーのインストラクションをされています。
僕は何年か前にこれを見て「あぁ、これ真実だなぁ」と思ってしまった訳です。「笑顔って大事だよな、暗い顔してちゃだめだよな」と。

で、マック赤坂氏、常に楽しそうです。一生懸命さも伝わる。でも、当選は難しそう感が満載です。
ではなぜ、毎度立候補しているの?立候補のための供託金は都知事選挙の場合は300万円、その没収ラインは有効得票総数÷10なので、まず戻ってこないでしょう。

よくよく考えるとこれは選挙活動じゃなくて営業活動ですよね。スマイルセラピー及びマック赤坂本人の。
供託金300万円も営業費と考えれば安い気がします。全国で話題になり、公共放送でプレゼンが出来る。

「政見放送って、ここまで営業活動が認められるんだ!」と気がついた時には衝撃的でした。
(政見放送運営側でも「マック赤坂が出れば視聴率上がるのでぜひ出て欲しい」なんて考えているのでは・・・?)

そんな胡散臭さをまといつつ、いくばくかの真理(と自分は感じる)を説きつつ、そんな選挙活動の実質はスマイルセラピーの営業活動な訳ですね。

僕はスマイルセラピーについては何も知りません。ちょっと気になっていますが w

でも、自分自身にちょっと笑顔が不足気味なのも感じているので、明日から目覚めるたびに「10度!20度!30度!」とテンションを上げるようにしようと思ったのでした(マック赤坂の政見放送を見るたびに思うんだけどね)。

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload