以前から気になっていたアロマディフューザーを買ってみた

Sponsored Link

アロマディフューザーミスト

しばらく前に体験して、その使い勝手が気に入っていたアロマディフューザー。
電気で動く超音波タイプで、これはいいなーと思っていました。

自宅にはすでにアロマポットがあったりしますが、ローソクを使うのが嫌で(すすが出る、ローソクの火が火事につながらないか、ローソクなのでつけっぱなしもキケン・・・)あまり使っていませんでした。ローソクもいずれ燃え尽きるし。

そもそも絶対にローソクを消し忘れるので、びくびくとタイマーを使いながら使ってます。これじゃ、リラックスできない w

ちなみにですが、アロマに詳しい友人によれば「アロマポットのように熱を加えてアロマオイルを拡散させるものは、熱によってアロマオイル自体も変質するので、超音波式のアロマディフューザーがいいんだよ」とのこと。

アロマディフューザーって、このアロマポットの欠点をすべて解消してくれるのが魅力です。
水がなくなったら自動的に電源OFFなんて当たり前だけど、絶対必要な機能です。

で、買おうか買うまいかとしばらく考えていたのですが、いつの間にか楽天ポイントが溜まっていた(期間限定ポイントもあったし)ので、全部ポイントで買っちゃった。

Sponsored Link

これを買った

選んだポイントはこんな感じ。

  • 加湿機能は不要
  • 照明機能は不要(この照明付きのものが多くて閉口した)
  • 超音波タイプ
  • できればコンパクトな筐体

DRETECというメーカーのフォンテーヌという商品と比べた末に、結局コンパクトなイメージのこちらのAllure smoothのホワイトをチョイスしました。

同じ商品が他の店でも売られていましたが、比較的安くなっていたのと、おまけでアロマオイルが一瓶もらえるということで、このお店での購入となりました。

早速使って見たら

注文した翌日に届いたのはこんな箱。イメージよりも小さい。
アロマディフューザー箱

箱を開けて、保証書や使用説明書などをよけると小袋に入ったパーツ。左上の小箱はおまけのアロマオイルね。
アロマディフューザー箱内

4つのパーツで構成されています。丸い本体と小さい内蓋と大きい外蓋、そして電源ケーブル。
アロマディフューザーパーツ

本体に通電して上から覗くとこんな感じ。横にオペレーションランプが点いています。
奥側の長方形の部分は送風口。勢い良くミストを送り出すために空気を送り込んでいるらしい。そういう仕組とは知らなかった。

底の丸いのが超音波振動版。これがミストを生み出す心臓部。
アロマディフューザー本体

本体に水道水を入れ、アロマオイルを1,2滴加えてから、内蓋を乗せ、外蓋を乗せ、そしてスイッチオン!で使います。

早速ミストが出て、アロマの香りが心地よく。

使ってみたら

とても満足です。以前にこれと同様の商品を使ったことがあったので、使い方や使い心地のイメージはすでにあったのですが、そのイメージ通りに動いてくれています。

そしてそれに比べてサイズがコンパクトであることはうれしい。部屋に大きい物をおいてごちゃごちゃするのは好きではないし、小さい(水量も少ない)けれど、(カタログスペック上では)連続運転で約2.5時間、間欠運転で約7時間動くとのことなので、自分にはこれで充分。

運転音は思ったよりも大きく感じるけれど、問題になるほどではないですね。

と、アロマディフューザーの傍らでこれを書いています。
ローソクの消し忘れにおびえることなく、寝ると時にも使えていいなー、と満足感ありです。

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload