「Windows Vista」で日本語フォントを一新

Sponsored Link

そろそろ開発の終了が近づいたWindows Vistaについて、地味だけど日本人には割と重要な記事がCNET Japanから。

 マイクロソフトは7月29日、次期Windows OS「Windows Vista」のリリースに向け、日本語フォントの「JIS X 0213:2004」規格への対応と、可読性を大幅に向上させた新しいデザインフォント「メイリオ」について発表した。

 JIS X 0213:2004は、2004年に改正された最新のJIS漢字規格だ。今回の対応により「表外漢字字体表」に示された「印刷標準字体」が全面的に採用されるほか、新人名用漢字のすべての漢字が利用できるようになる。

Sponsored Link

やはり画数の多い漢字などではどうしても違和感のあった日本語フォントが、Windows Vistaと同時に開発が進められていた。これは最新のJIS規格に則とったものだそうだ。実は、自分はユニコードが全面的に使われるようになるんじゃないかと思っていたのだが、大はずれだった・・・。

なにはともあれ、マイクロソフトには急いで不具合の多い製品を作るよりは、よりじっくりと質の高いものを作って欲しい。どうせ、今すぐWindowsの地位を脅かすようなOSもないのだから。

【追記】マイクロソフトサイトでもこの件についてプレスリリースが出されていた。気になる方はcheck it up!

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload