モバイルスキャナー「ScanSnap FI-S1100」をtouch and try!

Sponsored Link

昨日、Agile Media Network(AMN)さん主催の「ScanSnap FI-S1100 タッチ&トライイベント」に参加してきました。

FI-S1100は株式会社PFUによる新発売のモバイルスキャナ。

会場には2~3人当たり1台のPCと実機で操作をさせていただき、解説の方の丁寧な説明もいただけました。この説明が充実していたことで理解度・満足度が高まりました。

ゲストに愛用者でもある”文具王”高畑 正幸さんを迎え、実機体験や質疑応答など濃密なbloggers’meetingでした。

th_SANY0255.png

FI-S1100の詳細な仕様はこちらをどうぞ。

Sponsored Link

つまりはモバイルのスキャナ。しかし、特に機能・性能を落としたものではないし、逆にコンパクトで可搬性が高い故のメリットは大きい。
弱点といえば1枚ずつ原稿を差し込まなければならないことがあるけれど、そういう作業はそもそも据置タイプのスキャナでやる作業なので問題にならないですね。それよりもコンパクトでシンプルであることの方がモバイルユースでは重要。

FI-S1100は上記写真のような形状で、横幅は273mmと僕のノートパソコンの横幅とほぼ同じサイズなので、自分の場合には持ち歩きにもバッグの中で収まりがよさそう。350gという軽さも持ち運ぶには重要なこと。

高畑さんのFI-S1100の使い方は、とにかく残しておきたいと思うものはまずスキャンしてタグ付けやフォルダ分けしてEverNoteに残すというもの。

缶などに入れて残した写真なんかまず後から見ないでしょ。それでもEverNoteに入れて分類しておけば、ふと思ったときにすぐに見ることが出来るよ。
小さい写真も大きく拡大して見られるし、iPadを使えばいつでもどこでも誰とでも見られるよ。

的なお話をされ、そのあまり見ない写真の存在価値をロングテールに例えられたのが印象的でした。

また、

初読は紙で読んで必要なページだけスキャンしたい

というコメントにも納得。紙の方がやはり読みやすいのは確かですね。

高畑さんはFI-S1100をケースにも入れずに持ち歩いているとのこと。それが可能な頑健さを実現し、埃やごみの入り込みも読み取り部まで大きく開く構造で掃除もしやすいなどの対策も取られていた(普通のモバイルスキャナではそのような構造のものはないとのこと)。

いろいろな特長の中でも自分が長所と感じたのはこんなこと。
・USBケーブル1本でPCと繋いで駆動できるバスパワーなのでバッテリもACケーブルも不要。
・スイッチはスキャンのスタート/ストップを制御するものが一つだけ(本体右側の青いランプ部)で使いやすい。
・片面読み取り機なのに、両面スキャンが簡単にできる(排出された原稿を再度差し込むだけ。しかも差し込みやすい!)。
・厚紙やクレジットカードのようなプラスチックカードのスキャンも可能
・863mmまでの長尺原稿のスキャンが可能(後述の動画でご覧ください)
・EverNote、GoogleDocument等クラウドとの連携
・優れた付属ソフト

一般層/初心者にありがたいのはレシートを読み取れる家計簿ソフト「優しく家計簿 エントリー」と名刺管理ソフト「名刺ファイリング OCR」の同梱でしょうか。会場の実機でその軽快な動作を体験できた。
iPhoneでも同様なアプリはあるものの、このような原稿を写真に撮るのは僕のiPhone3Gでは苦痛なので実践はしてみません。これがFI-S1100では一気に可能になります。
その他の同梱ソフトも必要十分なものが揃っています。

全体の印象としては「仕様がよく練り込まれている」ということ。
必要充分な機能・性能で作られていて、ミニマルな仕様が好きな僕も満足な感じです。
そういえば高畑さんもUSBケーブルにホルダーが付いていることを評価していましたね。「痒いところに手が届く」といった感覚でしょうか。
「優しく家計簿 エントリー」もとりあえず読み込んだレシートを溜め込んでおいて、後から処理することも出来るなど、利用者としてはありがたい仕様です(とはいえ、やはりあんまり溜め込むと後の処理が大変でしょうね)。
また、原稿を差し込んだ際に原稿の先端をぐぐっと数ミリほどロードする時の動きがとても気持ちのいいものでした。言葉ではうまく伝えられないのですが・・・。

で、なんと!PFUさんのご好意によりモニターとしてFI-S1100を頂くことができたので、今後いろんな使い方を試してレポートをする予定です。
僕のスキャン生活のスタートです。

th_SANY0256.png
手前の開口部が原稿挿入口、奥が排出口

th_SANY0271.png
読取部の清掃はこんな感じに本体を開いて行える

longsheet.MP4
長尺原稿の読み込み動画

kakeibo.MP4
レシートの読み込み動画

gyoumu.MP4
(おまけ)会場に展示されていた業務用高速スキャナ

FI-S1100を開発された株式会社PFUさんは、スキャナの世界シェアが約50%なんだそうな。そんなにシェアがあるとは知りませんでした・・・。

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload