WordPress3.8にアップデートした際に起きた管理画面に入れなくなるトラブルとその対処法

Sponsored Link

WordPressエラー画面
WordPressを使っていれば、度々訪れるアップデート。kira-ismでもWordPress3.8のアップデートをもちろんもうすませていますが、その際にトラブルに遭遇しました。

それは、管理画面にアクセスしようとすると上のキャプチャのように「更新の必要はありません この WordPress のデータベースはすでに最新のものです !」の表示が出てしまい、「続ける」をクリックしても同じことの繰り返しになるというもの。
でも、サイトの表示自体は問題なし。

WordPressのアップデートで初めてのトラブルでした。
簡単に解決したのですが、原因やきっかけが分かりません。
再度起きた時のためにまとめておきます。

Sponsored Link

エラー発生の状況

  • まずは全プラグインを停止させて通常通りにアップデートのリンクをクリックして、アップデートを開始
  • アップデートが終了したら、必要なプラグインを有効化
  • プラグインの有効化の際に有効化出来ないプラグインが幾つかあり、再度有効化のために管理画面に数回アクセスしたら上記の画面が表示されるようになった

なおこのエラーの画面を出力しているファイルはwp-admin/upgrade.php。このファイルにアクセスすれば、いつでも同じ画面が表示されます。

エラーの原因

有効化できないプラグインの存在が原因のような気はしましたが、管理画面に入れないので、どのプラグインが有効化出来なかったのかもう確認できなかったんですよねー。

ぐぐってみると同様の症状の人もいるようで、どうやらキャッシュ系のプラグインで新しいWordPressのバージョンに対応していないものがあると起きることがあるらしいと。
そして、WordPressのバージョンに関わらず発生しているようです。ということは、やはりプラグイン側の問題なのかな?

解決方法

このブログもいくつかのキャッシュ系のプラグインを使っていますが、その中でも古そうなものといえばWP File Cache

これをFTPを使ってWP File Cacheのディレクトリをまるっと削除しました。
これだけで管理画面へのアクセスは回復しました。
最後にWP File Cacheを再度インストールして、元通り。

溜まったキャッシュがクリアされたせいか、心なしか軽くなった気がしました(気のせいかも・・・)。

WP File Cacheはもう使うべきではない?

WP File Cacheが現在どんな状況かを確認したら、確かに古い・・・。
・最終更新: 3年前
・WordPress の必須バージョン: 2.6以上
・対応する最新バージョン: 3.1.4

そもそもWP File CacheをインストールしたのはMO Cacheを活かすためのPersistent Caching Pluginとしてなので(詳細はこちらMO CacheをMust-Use Pluginsとしてインストールして最大限の効果を引き出す方法 | kira-ism)、ちゃんとメンテナンスされているPersistent Caching PluginであるW3 Total Cacheに差し替えてもいいかもなーと思いました。

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload