Yahoo!ショッピングの6,939店舗のデータを記録したパソコンを紛失

Sponsored Link

個人情報流出とか機密情報の紛失なんてニュースが絶え間なく起きている。ITビジネスの象徴でもあるYahoo!でも情報漏洩事件が発生した。春先にYahoo!BBの個人情報の流出事件が大きく報道されたが、ついにYahoo!本体でも事件発生か・・・(あれ?以前にもYahoo!本体からの情報流出事件があったっけ?情報漏洩事件が多すぎて何だか分からなくなってきた・・・)。早速8月1日のINTERNET Watchから引用(ちょっとネタが古いか・・・)。

ヤフーが7月28日に都内で開催した出店者向けカンファレンスの会場で紛失した。Yahoo!ショッピングには6月末時点で11,280店が出店しているが、PCにはこのうち6,939店の情報が記録されていた。住所など一般に公開されている情報のほか、各店舗のカテゴリー内順位、6月の取扱金額、注文数、注文者数、注文点数、ページビュー数、1注文者あたりの売上といった非公開データも含まれていたという。このほか、カンファレンス出席申込者の名簿 1,341件も記録されていた。

「購入者の個人情報は含まれていない」とのことだが、だからといって、大した事件ではない、などとは言えない。被害にあった店にはどんな補償をするのかな?

Sponsored Link

紛失したパソコンは「主に社内の会議室での使用に限定した共用パソコン」だということだ。「共用パソコンは運用ルール上、社外に持ち出すことを想定しておらず、ユーザー認証や暗号化などのセキュリティがかけられていない状態で、誰でも記録されているデータを閲覧できる」とのことだ。本来の使用目的通りであれば、そのようなパソコンの仕様であるべきだ。

結局、その運用ルールが無視された挙句の事故であったということか。Yahoo!にして、この有様か。こういった決め事もないようなテキトーな企業もまだ多いようだ(特にこういったことに気を回せない中小企業)。

Yahoo!Shoppingは「セキュリティ体制」を

Yahoo! JAPANでは、万が一にも情報流出を起こさないために、情報セキュリティ対策に会社を挙げて徹底的に取り組んでいます。

と謳っているけど、なんか虚しいね。

Yahoo!Shoppingも大手のショッピングモールだ。しかし、最近では出店店舗の誘致に、かなりのディスカウントセールを行っている(最初の数ヶ月が無料だったかな?詳しい内容は失念した・・・)。もしかして、この事件のせい?現場のセールスマンは困っているだろうな。まぁ、出店費用のディスカウントは楽天もかなりやっているけどね・・・。

不思議なのは、この事件がなぜか大きく報道されない。先日の楽天市場のシステムトラブルはマス向けの報道でもかなりピックアップされていたけどね。裏で何かの力が働いた?

しかし、この手の事件が多すぎる。本当に自分の個人情報を他者が適切に扱っているのか?と不安になる。これって、インターネットビジネスの根幹に関わることなんで、各事業者は真剣に取り組んでほしいものだ。

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload