世界のブログ記事の31%は日本語?

Sponsored Link

アメリカTechnoratiによるちょっと驚きな記事がINTERNET Watchから。

調査によれば、Technoratiが追跡しているブログの数は、2006年7月末で5,000万件を突破した。ブログ数はほぼ半年おきに倍増しており、 3年前との比較では100倍になったという。ブログ数は1日に17万5,000件の割合で増加しており、1秒間に2件以上の新しいブログが誕生している計算となる。

ブログがどのくらいの数で増えているのかなんて意識したことがないので、この数が多いのかどうか、実感が湧かない。

Sponsored Link

恐ろしいのは次の記述だ。

Technoratiが受信するpingのうち約70%はスパムで、新たなブログのうち8%はスパムブログとしてフィルタリング対象となっているが、こうしたブログは数時間から数日間しかインデックスには残らないとしている。

70%がスパムって・・・。何とかならないものかなぁ・・・。

興味深いのは次の記述だ。

記事の言語別の統計では、2006年6月には英語が39%、日本語が31%、中国語が12%などで、日本語の記事も大きな割合を占めている。時間帯の統計では、英語の記事は午前10時から午後2時にかけて最も多く記事が投稿されるのに対して、日本語の記事は主に夜間(午後10時以降)に投稿されるという違いが見られる。

確かに自分は夜にエントリを書くことがほとんどだなぁ。昼間はそういう余裕がないしね。

それにしても、英語が39%で、日本語が31%って、驚きだな。そんなに日本のブログって多いのか。ここで一つ疑問がある。英語/日本語って何で見分けているんだろう?文字コードか?ドメインか?この辺が明確にならないと、あまり意味のない数字になってしまう気がする。

ともあれ、この調査でブログが相変わらず凄い勢いで増えていることが分かった。しかし、ブログがブログとしてかかれていないものも結構あるよね。エントリを更新していくということを目的としていない、つまりブログが検索エンジンにピックアップされやすいことを利用した、何らかのモノ/サービスを販売するサイトもかなり増えている。こういうのは、ブログとは区別してカウントしたいけど・・・、プラットホームがブログである以上は区別できないのも仕方がない気がする。

今後もこの手のブログに関する調査はやられると思うが、今回はTechnoratiによる調査ということで、かなり真実を反映した結果になっていると思う。違った切り口での調査もしてくれるといいな、と思う。今年の4月17日のリリースのような調査の方が、自分には興味深く感じられる。

Sponsored Link

2件のコメント

  1. kira2006年8月12日 11:22 PM返信


    riseさん おひさ~
    これだけ多くのブログが生まれている中で、どれだけのブログが継続的に更新されてるんですかね?
    ボクの友人には、いくつかのブログをいくつか作っては程なく更新しなくなっています。一定の更新頻度で更新されている「生きている」ブログの数が知りたいですね。

    http://kira-ism.seesaa.net/

  2. rise2006年8月10日 10:58 AM返信


    こんにちは、riseです。

    ものすごい勢いですね・・ブログ。

    1秒に2件の新規ブログが生まれてるなんて書いてましたが、このままいくとどれだけ増殖するのか・・

    http://money-money-money.seesaa.net/

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload