サッカー高校選手権、野洲高校が優勝

Sponsored Link

正月の風物詩と言えば、サッカー高校選手権。先程、決勝戦が終わった。
鹿児島県鹿児島実業高校対滋賀県野洲高校の決勝線は、延長戦の末、野洲高校が1-2で勝った。

Sponsored Link

延長戦の野洲高校の1点がとても素晴らしかった。カウンターからの柔らかく、意表をつくパス回し、走りこんでボールを受ける速さ、正確なラストパス。ここだけみても楽しめる試合だった。

「野洲からレボリューション」を合言葉に戦ってきた訳だが、確かにこれまでのサッカー観を変えるような新しく、そして観客も魅了されるサッカーだった。

どうしても守備偏重、確実性を優先するサッカーが多くなりがちな現在、野洲の「レボリューション」が結果を出したことは、素晴らしいと思う。
「高校サッカーに一石を投じる」という山本監督の言葉がここで重みを増す。この”一石”を日本サッカー界はどう受け止めるのかな。

日本のサッカーの将来は明るい!様な気がした。そんなチームのそんなプレーだった。

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload