Microsoftがいつのまにか最大のブログ・サービス提供会社に

Sponsored Link

「やはりインフラが強いと、ブログASPにおいても後発でも不利ではないのか・・・」と思わせる記事がIT Proから。

米Microsoftは同社のブログ・サービス「MSN Spaces」を1500万のユーザーが利用しており,そのうちの50万件以上は毎日更新されていると発表した。同サービスは2005年4月に提供開始され,当初は450万人のユーザーがブログを作り,そのうち17万件が毎日更新されていると発表していた。

Sponsored Link

Windowsというプラットホームが圧倒的に普及している状況下で、アメリカマイクロソフトは「MSN Spaces」をほぼ最後発でスタートさせた。しかし、(アメリカでの話ではあるが)1500万人がこのサービスを利用し、しかもなかなかアクティブなユーザーが集まっているようだ。日本国内ではどうなっているのかな。

後発の大物ブログASPとしては、Yahoo!もある。これのサービスインは見切り発車っぽい感じもしたが、世間での評価も高く、利用者数も順調に伸びているようだ。また、アフィリエイトもバリューコマースと提携を始めた。

日本国内ではその他のポータル系もブログサービスを始めている。やはり、ユーザー数が多い(事業を始めるにあたっての最大のインフラ)があるところは、ブログのASPにも参入しやすいということか。

まぁ、自分はこのseesaaが気に入ってるんで、どこの利用者数が多いとかの話は全く気にならないんだけどね。これを読んでくれている皆さんは、どこのブログASPを使っているのかな?そして、Movable Typeでサイトを立ち上げている人ってどのくらいいるのだろうか。
そんなことがちょっと気になった。

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload