Togetterをさりげなく読みやすくしてくれるGreasemonkey

Sponsored Link

Togetterがリリースされてからというもの、Twitter上での出来事を後から確認することが容易になった。

そのTogetterを読む際にあると便利なGreasemonkeyを紹介。
個人的にはもはや必須。

Sponsored Link

そのGreasemonkeyがTogetter – Who’s tweeting? for Greasemonkey

作者さんは@cherenkovさん。

このグリモンを使うと、「まとめられたつぶやき」として、まとめられたアカウントのアイコンが表示されるようになる。
また、そのアイコンをクリックすると、そのアカウントのまとめられた最初の発言にジャンプする。

最初のリリースの際に@cherenkovさんのブログ「Togetterに引用された人の一覧を追加するグリモン。 – Cherenkovの暗中模索にっき」で

まとめページを開いて、まず誰が発言しているのかを確認したかったので作った。たくさん引用されている場合に便利。

と書かれている。まさしく僕も同じことを思っていたので、「これだ!」と思ってそくインストールした次第。それが、今年の3月のこと。

先日、久しぶりにTogetterを見てみると、このグリモンが機能していなかった。そこでCherenkovの暗中模索にっきを見ると、やはりTogetterの仕様変更があったともことで、それに対応した新版のTogetter – Who’s tweeting? for Greasemonkeyがすでにリリースされていた。

そんなに行数のあるスクリプトではないし、機能もシンプル。そして元のサイトにまったく違和感を感じさせないデザイン。
このさりげなさがいいなぁ。

そして、こんな風にほしい機能を自分で実装できるって、それを公開するって素敵だな。

Togetterを使うなら、このグリモンは超お勧めです。

@cherenkovさん、ありがとうございます。

●参考リンク
Togetter – Who’s tweeting? for Greasemonkey

Togetterに引用された人の一覧を追加するグリモン。 – Cherenkovの暗中模索にっき
Togetterに引用されたユーザの一覧を表示するグリモンバージョンアップ – Cherenkovの暗中模索にっき

Togetter – 注目のTwitterまとめ

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload