グーグルがインターネットモールに参入?

Sponsored Link

これもまた驚きのニュースがIT+PLUSから。短信といった感じのリリースなので敢えて全文引用しよう。

【シリコンバレー=川合智之】インターネット検索最大手の米グーグルは、誰でも無料でネット店舗を構築できるサービスを本格展開する。クレジットカード決済機能を同社が提供し、利用者が物品などをサイト上で売買できるようにする。商品は同社の検索機能で探すことができ、グーグル版の仮想商店街(モール)として注目を集めそうだ。

これだけでは詳細が分からないので、ITニュース系のサイトをあたってみたが、目にするのは「【シリコンバレー=川合智之】」のこの記事ばかりだ。つまり、グーグルが公式にプレスリリースとして出したものではないということか。実際、グーグルのアメリカサイトを見ても、何も情報はない。

う~ん、このニュース、ちゃんと裏が取れているのだろうか。続報はないのだろうか。

Sponsored Link

グーグルがインターネットモールに進出となれば、その検索機能をベースとして店舗や商品の検索にかなりの強みがあると思う。

しかし「誰でも無料でネット店舗を構築」となると、グーグルはどこから収入を得るのだろうか。売上の数パーセントをロイヤリティとして徴収するのか。それとも、モールの店舗の広告をアドワーズに出させるのか?アドセンス経由でモールにコンシューマを誘引することもできるとなると、その収入は大きくなりそうだ。しかも安定収入になる。
グーグルがどんなビジネスモデルを持っているのかとても気になる。

このニュースがガセでないのならば、相当の影響がネットショップやインターネットモールにあるだろう。グーグルにとっては日本も勿論大きな市場なので、日本のグーグルでも同様のサービスを開始するだろう。中小のインターネットモールは撤退するところも多くなりそうだ。

実は自分の仕事にもかなり影響が出ると思われる。これは、引き続きwatchしなければいけないニュースだ。

Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload