iPhoneとパソコン間で簡単にテキストを共有できる2つの便利アプリ、SimplenoteとLazy Text

Sponsored Link

pencil-and-paper
住所やパスワードのような短文や、あるいは何かの原稿のような長文まで、パソコンとiPhone/iPadとの間でテキストを共有(または一方から他方に送る)したいことがしばしばあります。

例えば住所。パソコンで調べた住所をiPhoneのMapに入力したい時。
例えば原稿。iPhoneで書いた原稿の仕上げをパソコンでしたい時。

そんな時にメールで送るという話を聞いたことがあるのですが、スマートじゃないですね。
EvernoteやDropboxなどクラウドストレージ的なサービスを使うのもいいのですが、ちょっと処理が重いというか、もっとシンプルにやりたい。扱うのは単にテキストなのだから、Evernoteでいちいちノートを、あるいはDropBoxでいちいちファイルを作るような手間はかけたくない。

そんな時に便利なiPhoneアプリ2つを紹介します。
どちらも僕が頻繁に使っているものです。

Sponsored Link

Simplenote

もう何年も使い込んでいるサービスです。

Simplenote_PC
SimplenoteのWeb画面

WebサイトSimplenoteで入力したテキストをSimplenoteのアプリで共有することが出来ます。もちろんその逆もOK。
回線は問わず、とにかくインターネットに接続さえすれば使えます。

Simplenote_iPhone外出先でメモったメールアドレスやURLなどをパソコンで扱いたい時や、パソコンで調べた商品の価格やスペックのメモをiPhoneにコピーしたい時などにもってこいです(無料サービスなので広告がちょっとだけ入りますが、気にはならないですね)。

Webもアプリもシンプルなテキストエディタとしても充分に使えますので、長文を書くのにも適しています。
何年か前にタグを付ける機能とバージョン管理機能が加わっています。これにより入力したテキストを構造的に保存できるというか、横断的に扱えるようになりました。また、簡単に過去の版を復元できることも魅力です。
データはサーバに蓄えられるので、いちいちテキストファイルを着く手間もないことも魅力です。

長文を扱う、複数の書いたテキストを構造的に保持したい、編集もする。そんな時に有効なサービスです。EvernoteとDropboxを足して2で割ってテキスト専用にしたような感じでしょうか。そんなテキストの共有サービスを使いたい方は、是非お試しあれ。

・・・と、書いたところで今更ですが、気が付きました!Simplenoteを作ってるのって、WordPressを開発してるAutomattic社ですね。WordPressを使いはじめる以前から僕はAutomatic社のお世話になっていたのか・・・。

Simplenote

無料
(2013.11.13時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ

Lazy Text

Lazy TextはパソコンからiPhoneにテキストを送ることに特化したサービスです。

Lazy Text_iPhone使い方はまずiPhone上のLazy Textアプリを起動し、次いで画面の下部に表示されているiPhoneのIPアドレス( http://192.168.10.203:8080/ )にパソコンのブラウザからアクセスします。つまり、パソコンとiPhoneが同一のLANに接続していることが前提となります(3G回線しかない場合にはWi-Fi:Not Connectedとなり、通信ができません)。

後はカンタンです。パソコンのブラウザ上の超シンプルな画面のテキストエリアに送りたいテキストを入力して、右下のSubmitボタンをクリックすれば、その瞬間にデータはiPhone上のLazy Text上にテキストが送られます。

Lazy Text_PC
Lazy TextのWeb画面

送られたテキストはもちろん自由に編集したりできますが、Lazy Textの優れていることは受け取ったテキストを”そのまま”使いやすいということなのです。

使いやすいポイント1
受け取ったテキストの種類によって、次のアクションを選べる

使いやすいポイント2
アプリを立ち上げた瞬間にiPhoneのクリップボードにテキストがコピーされる

1がこのアプリのポイントです。受け取ったテキストを2アクションでMailアプリやMessageアプリの起動とそのアプリへのコピーができます。例えばテキストなら本文にテキストを貼り付けた状態でメールやSMSなどを起動できます。URLならもちろんタップするだけでSafariを立ち上げられます。
もちろんOpen Inも対応しています。いちいちクリップボードにコピーしてから別のアプリを立ち上げてからペーストなんてことをしなくていいのです。ああスムース。

2はもうそのままですが、どんなアプリケーションにも受け取ったテキストをすぐに持っていけるということです。つまり、面倒なクリップボードにコピーの動作をすることなくOpen Inに対応していないアプリにもそのままテキストを持っていけるということ。ああシンプル。

Lazy Text Lazy Txet_iPhone

受け取ったテキストの編集や新規作成はLazy Textアプリ上でもできます。
ですが、上述のように受け取ったテキストをそのまま別のアプリで使いたいときにこそ真価を発揮するアプリです。

SimplenoteとLazy Textは似ているけれど、使うシーンとか使いこなし方は微妙に異なります。
どちらもiPadでも使えます。
取り敢えずお試しあれ。

(2013年11月13日現在、無料になっているようです。以前は有料だったはずだけど・・・セールかな?)

Lazy Text

無料
(2013.11.13時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ
Sponsored Link

コメントを残す

CaptchaCaptcha Reload